とやまにて

例によって「口許屋」にて:

稚鮎の塩焼き。小ぶりの二匹。骨まで余さず全て食べられた。
a0012728_0495818.jpg


京茄子揚げ。やはり夏場は「茄子」。
a0012728_0522866.jpg


鯨の皮、湯引き酢味噌。(綺麗に盛り付けてあったのを撮影のために崩しました)
お酒がすすみます。
a0012728_0542588.jpg


で、例によって〆には鯖寿司
a0012728_144039.jpg
[PR]
by flauto_diritto | 2007-07-15 20:48 | おいしいもの | Comments(2)
Commented by eri at 2007-08-02 23:40 x
鯖寿司、大好物です。
この肉厚感、美味しかったに違いないっ!よだれ..
Commented by flauto_diritto at 2007-08-03 00:21
>eriさま

はい!大変に美味しかったのです。
このお店の定番のメニューですが、良い鯖が入らないと作らないようで、たまに品切れになっています。鯖が嫌いで食べられなかったチェンバロ奏者もこれならいくらでも食べられるとパクついていました。
<< ついにこんな楽器に手を出してし... 八戸にて >>