PAULで昼食

a0012728_1815087.jpg
あまりにも天気が良いので、昼から自転車に乗って散歩。クランク回していると汗かいた。

四谷のポールPAULでお昼ご飯。値段を考えるとここのパンは大変に良く出来ている。そのせいか、この店はどんな時に来てもほぼ満席だ。今日はやたらフランス人の客が多かった。バゲットその他のフランスパンの外皮の固さを噛み締めながら、日本でごく普通にハードなパンが食べられるようになった幸せを感じる。(でもまあ店を選ぶ必要はありますが)

大量の生野菜が摂取できるサラダに新しいメニューCanard(鴨)があったので注文。結構な分量の鴨が乗っかっている。別の籠で沢山パンが来るのにこのサラダにもパリッと硬く焼いてバターを塗ったバゲットが。

今日のパンは固いタイプばかりでうれしゅうございました。a0012728_1829876.jpg
[PR]
by flauto_diritto | 2007-01-15 13:30 | おいしいもの | Comments(2)
Commented by piyoyo at 2007-01-17 00:02 x
はじめまして。おいしそうな写真に誘われて出てしまいました。あはは。
私も黒パンとかフランスパンとかパン・ド・カンパーニュとかが大好きで、上の、・・・これ鴨なんですね?生ハムかと思った。チキンでもいいです。
おいしそうで、よだれが・・。クリームチーズなんかが散っててもいいな。
ううう、たべたい。
Commented by flauto_diritto at 2007-01-17 00:36
>piyoyoさま

はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
パンだけではなく鳥もお好きなようですね。

ハードタイプのパンって何故にあんなに美味しいんでしょうか!?
美味しいパン情報をお持ちでしたらぜひともお知らせ下さい。
<< 韓国ソウルでの演奏会 まことうどん >>