マルスウイスキー試飲

a0012728_15515692.jpg

右'88と左'85。このときはいずれも販売用は品切れで有料試飲のみでした。

1985アメリカンホワイトオーク薄い黄色。軽い草の香り。麦。マスカットの種のまわり。枝付きレーズン。エステリー。ほんのりピリッとしている。一滴加水することで一気に開いた。
1988シェリー樽。濃い琥珀色。甘くウッディな香り。コニャックのよう。渋みと甘味と強めの燻香。加水すると少し苦く辛い。

双方とも大変に美味しい。この二つを飲む前に工場限定のブレンドを試飲してオイシイ!と思ったのだが、シングルカスクはものすごく美味しかった。

試飲しなかった91年ビンテージを購入。これから一週間、瓶二本抱えて長野県内で笛吹いて周ります。
[PR]
by flauto_diritto | 2006-04-23 15:51 | ウイスキー | Comments(0)
<< 今満開の桜 マルスウイスキー工場 >>