閉店ラッシュ

約一週間前12月11日に、私が住む町にある行きつけの喫茶店が閉店した。
こくている堂の豆を使った珈琲もマスターの奥さんが作っているというケーキも紅茶も全てが美味しかった。多少マンネリだが良い選曲のBGMも安心感を演出していたし、古びた木の内装の味わいが美しい良い店内だった。
来るお客さんたちも皆ここの空気を壊さず、良い空間とお茶や珈琲をを楽しみ、あるいは仕事をしたり仲間と会話をして過ごしていた。
私も、ここに来ると原稿がはかどった。楽譜を浄書する時にも窓際の席に陣取ることにしていた。私だけではなく、コアなファンを持つ有名前衛作曲家もこの店で五線紙を相手にしていた。

特に今年になってからは空いている日が多かったのだが、平日の真昼間のことだからと思っていた。
11月末から店内に閉店の予告がされていた。そのせいか、12月に入ってからはお客さんが多かった。
最終日の夕方に行ったが、ほぼ満席だった。大勢のお客さんが、この店がなくなるのを惜しみに来たんだのだと思う。

私は今後 原稿も楽譜も何にも書けなくなってしまうかもしれません。

この喫茶店が入っているビルの隣の魚屋も11月一杯で閉店していた。80年も続いた魚屋だったようだ。



今日、目白の仕事の昼休みに例の蕎麦屋に行った。

珍しく満席だった。

私が入っていったときに丁度出ようとするお客さんたちに対して、女主人が「明日で閉店いたしますので・・・、どうも有り難う御座いました・・・。」と言っている。

この美味しい蕎麦がもう今後食えなくなるなんて。
この美しくて静かな隠れ家での昼食が今回限りになってしまうなんて。
[PR]
by flauto_diritto | 2005-12-22 01:51 | 休憩時間 | Comments(6)
Commented by chocolat_13 at 2005-12-23 16:05
贔屓にしていたお店が閉店してしまった時のショック・・・、わかります。
とっさに替えがきかなくて、あれをしたいときにはどこへ行けば・・・、と途方に暮れたり・・・。
そんなお店が立て続けに何軒も、とは、ちょっとショックが大きいですね。
また新しく、よいお店が開拓できるとよいのですが。
Commented by eri at 2005-12-23 22:46 x
大型店、チェーン店に個人のお店は押されてしまうのでしょうか。
私も近所のコーヒー豆屋さんが閉店した時には、途方に暮れてしまいました。丁寧な仕事、こだわり、さりげない会話、大事なことなんですけどね...
Commented by flauto_diritto at 2005-12-24 14:56
>chocolatさま、eriさま
まとめレスご容赦下さい。
何故にこうも良い店ばかりが閉店になってしまうのかと・・・。
私の住む町には、チェーン店はドトールの小さな店舗しかなく、他にも悪くない個人営業の喫茶店がいくつかあるんですが、閉店したこの店には替え難いんです。でも、この店が珈琲の値段が一番高かったのかなあ(50円とか100円とかの差ですが)。
昨日今日と別の喫茶店2軒行ってみましたが、珈琲はそれぞれに美味しいものの、何だかやっぱり具合が悪い。困ったことです。
他の常連さんたちは今どうしているんだろうかと思いいます。
Commented by みやもと at 2006-01-02 09:35 x
あけましておめでとうございます。
うちの街も公共事業で町並みが美しくなっていくのはいいのですが、昔ながらの景観がだんだんと失われていて少し寂しいです。
通っていた訳じゃあ無いんですが、拙宅の近所にすごくいい味を出している散髪屋がありました。入り口のガラス越しにのぞくと古めかしい椅子でおじさんが、これまたその店の主人である年配のおじさんに髭をあたってもらってたりして、なんか古い映画の一こまのような店でした。でも、ここもいつの間にか店をたたんでしまい、駐車場になってしまいました。ま、お客じゃなかったので、これは地元民のエゴだったりする訳ですが。
ひいきにしてた店だったりするとなおの事惜しまれますねえ。
Commented by tsubo at 2006-01-03 13:46 x
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞヨロシクお願い。
最近行きつけのお店というものが無いのが寂しい限りです。今年は、チェーン店ではない珈琲専門店を探してみようかな。
Commented by flauto_diritto at 2006-01-05 19:48
>みやもと、tsubo

いまさら、おめでとうと言うには遅い日にちになってしまったが、今年もよろしく!
<< 博多のうどん 鞄 >>