必要に迫られて

a0012728_16211696.jpg

秋の演奏会のために必要な楽器を買いました。
人工象牙と呼ばれるプラスチックの装飾リングがついています。
写真では分かりにくいのですが、この人工象牙は本象牙と色が似ているだけではなくて、縞模様の目も本物そっくりに入っています。
今までいろんな人工象牙付きの楽器を見てきましたが、こんなに良く出来たニセモノ(失礼!)は初めてです。

例によって吹き鳴らしをしなければならないんですが、サイズが大きくて腱鞘炎になりそうです。
[PR]
by flauto_diritto | 2005-04-05 16:20 | 楽器 | Comments(7)
Commented by dolce at 2005-04-09 20:02 x
ずいぶん色白の笛ですね。テナーですか?見た感じでは。
象牙以外の部分の材質は何の木なのしょう。
やわらかな音色を想像しています。
秋のコンサートが楽しみです。
Commented by dolce at 2005-04-10 09:43 x
たびたびお邪魔します。あるHPに掲載してあるコンサートのプログラムを改めて見てみましたら"C.Ph.E.バッハ:ヴィオラとバスリコーダーと通奏低音のためのトリオソナタ"というのがありました。だとすると写真のリコーダーはバスということに・・・?
Commented by flauto_diritto at 2005-04-10 23:16
>dolceさま
これはテナーです。サテンウッドという黄色い材木です。黄色い地にはっきりした木目が入っているのが特徴です。このメーカーは過去にも同じ材質のテナー(但し人工象牙なし)を作っていたのですが、頭部管の割れが相次いだため、発売間も無くカエデ材に材質を変更したのです。
ですから、この特注版には割れ防止のために人工象牙をつけているのかもしれません。
バスは既に持っていました。しかし買ってから1年近くになるのに全く吹き鳴らしをしていません。・・・・・
Commented by dolce at 2005-04-11 18:44 x
サテンウッドですかー、木目と木目の間がきらきら光ってとてもきれいです。この笛がテナーだとすると、プログラムの曲にはテナー有り、バス有り、アルト有りのもちろんソプラノ有りなんでしょうねー当然、、、、フムヘム(妙に感動しているのです)
Commented by charibaka at 2005-04-12 14:23
 flauto_diritto さん、こんにちは、お久しぶりです。
ちゃりばか妻ぷー子です。
スキンも素敵(?!)にされましたね。フッフッフ。
 ぷー子達は、先日の保育園茶話会コンサート以来
吹いておりません…。(反省)
 このリコーダー、やわらかくて素敵な音色でしょうね(うっとり)
こちらに来られる事は無いのですか??
Commented by flauto_diritto at 2005-04-12 21:54
>ぷー子さま

スキン、褒められると変更しにくくなってしまいます

リコーダー、テナーですから音色なんてどうで・・・
いえ、大変良い音色です!

実際、この笛(415Hz)を同じメーカーの440Hzのモデル(この特注品の元になったモデル)と比べると、音色に柔らかさが増えている事は確かです。
この国内最大手楽器メーカーの440Hzの方はリーディー過ぎて、私には音色の密度が高すぎると感じられるので持っていません。

山陰の方に演奏に行ったことはまだありません。(鳥取に一人弟子が居ますけど)
こんど、呼んで下さい!!
Commented by flauto_diritto at 2005-05-23 22:06
この楽器、旅行中も持って歩いているんですが(今も秋田県旅行中5/22~27)、慣らし運転をする時間がほとんど取れません。(涙
<< 哲学堂 リフレッシュ? >>