「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プリズム・バロック 演奏会

プリズム・バロック

2016年7月7日(木)
19:00開演(18:30開場)
東京オペラシティ「近江楽堂」
前売4500円 (当日4500円)
東京オペラシティチケットセンター(電話03-5353-9999)
東京古典楽器センター(電話03-3952-5515)

リコーダー、ヴァイオリン、チェンバロのトリオの演奏会です。

バロック時代の3つの国の音楽、
バロック音楽が生まれたイタリアの清新の気あふれるソナタ
ルイ14世の統治下で独特の優雅さを育んだフランスの合奏曲
他の国々の良い点を取り入れて緻密な構成力で独自の音楽を作ったドイツ
を、3種類のタイプの違う楽器の組み合わせでお届けします。

バロックという一つの光から溢れ出す虹のように多彩な音楽をおたのしみください。

ヴァイオリンの竹嶋祐子とチェンバロの外川陽子は同時期に桐朋学園で学んだ仲間です。卒業後それぞれ別に活動をしていましたが、この組み合わせで久々の共演です。

ネットでの演奏会のご予約は、この記事のコメント欄から(その際、「お名前、人数、メールアドレス」を明記の上、必ず「非公開コメント」のチェックボックスにチェック☑︎を入れて)。
または、E-mailの場合、flauto_diritto@excite.co.jp

a0012728_15515771.jpg


追記

プリズム・バロックのプログラム、チラシ掲載の曲目に数曲加えて以下のようになりました。
2曲目のスコットランド歌曲によるトリオソナタは珍しいと思います。ケラーも実演ではなかなか聴けませんね。ベームのチェンバロ曲と合わせて3曲追加になりましたが、そのためにオトテールの組曲はパッサカイユのみの抜粋にいたしました。

1 : G. P. チーマ/3声部のソナタ

2 : F. ジェミニアーニ/スコットランド歌曲によるソナタ

3 : G. ケラー/3声部のソナタ 変ロ長調

4 : G. ベーム/アルマンドとサラバンド (組曲 第7番 ヘ長調 より)

5 : G. Ph. テレマン/トリオソナタ イ短調 (「音楽練習曲集」より)

6 : F. クープラン/コンセール 第5番 ヘ長調 (「趣味の融合、新しいコンセール集」)

7 : J. オトテール/パッサカイユ (二重奏組曲 作品4より)

8 : J. S. バッハ/トリオソナタ ト長調 BWV525 (オルガンソナタ第1番)
[PR]
by flauto_diritto | 2016-07-07 19:00 | 音楽 | Comments(0)