<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

早っ!

a0012728_18464155.jpg

桜 満開。
しかも散り始めている。ソメイヨシノじゃないみたいだが。
内堀通り沿いで
[PR]
by flauto_diritto | 2007-02-15 18:46 | Comments(0)

ソウル5

a0012728_01901.jpgヨイド公園を毎朝歩いた時に見た鳥。鳩よりちょっと大きいぐらいで黒と白のツートンカラー。警戒心が強くちょっとでも近付くとすぐ逃げてしまう。名前は忘れてしまったが、韓国では幸運の鳥だということだった。

a0012728_024859.jpg

演奏会が終わった翌日、半日だけ観光。まずは南大門。
そして近くの有名な市場(迷路のよう!上野のアメ横のような雰囲気)で、お土産を物色。自分用の手袋購入。
そして、近くに王宮の小さいのがあるということで徒歩で向かうも残念ながら休館日。
a0012728_034764.jpg
タクシーに乗って王宮の本殿へ。a0012728_036945.jpg
[PR]
by flauto_diritto | 2007-02-15 18:00 | Comments(4)

ソウル4

a0012728_1834315.jpgソウルの昼食。ホテルでこの近辺のビジネスマンが行くような韓国料理の食堂はどこか聞いて、さびれた隣のビルの地下の食堂街に。5~6軒の食堂が連なっている。最初に入った最も大きな店では、最初から付け合せ類がテーブルにセッティングされている。


注文したビビンパ。器には具のみが入っていて、ご飯は左手に見える蓋付きの金属の器の中。
a0012728_17571060.jpg

最終日にも同じ店。ユッケジャン。野菜類たっぷり。辛い、うまい。辛い辛い。美味い美味い。
a0012728_1804785.jpg

軟弱なジーンが注文したのはクッパ。辛くないやつ
a0012728_1813464.jpg
豪勢な付け合せ。二人分。
a0012728_1862867.jpg


ところが、これなんだと思いますか?
a0012728_1756957.jpg


2月3日の昼食です
[PR]
by flauto_diritto | 2007-02-15 17:51 | Comments(0)

ソウル3


a0012728_23591060.jpg2月3日土曜のコンサートはソウル市郊外に数年前新しく出来たと言うヘイリ芸術家村のレストランにてサロンコンサート。早めに到着したのでブラブラと散策していると、突然こんなアート作品が屋外展示してあったりする。土曜と言うこともあってか、観光に来ている人たちが沢山。写真専門の建物や民族楽器の展示場や美術書の本屋など様々ある中、演奏会場となったのは巨大スピーカーが印象的な音楽レストラン。



a0012728_002511.jpg店の入り口の鉄板にチョークで書いてある本日の出し物告知。
演奏会はMad for Baroqueというシリーズのひとつ。このタイトルは店名"Mad for Garlic"から来ている。アルファベットで書いてある自分の名前が辛うじて読める。でもあと何が書いてあるのか全くわからない。



a0012728_035621.jpg奥の壁面一杯に積み上げてある箱が全てスピーカー。ここのオーナーは有名なアナウンサーで、音楽番組を担当していただった人そうで、LPレコード2面のターンテーブルとCDをかけるための設備が真空管アンプでしつらえられたブース(奥の右手)が有って、何枚あるかわからないほどのLPレコード(6畳一間分以上の面積の棚一杯のレコード)のライブラリーがあった。


食事したりお茶を飲んだりしている人もいる聴衆はよく集中して熱心に聴いていた。
サロンコンサートの常で、曲間に簡単なお話をしなければならなかったんだけれど、僕の拙い英語を懸命に理解しようとしてくれたし。こちらも集中して演奏できた。
[PR]
by flauto_diritto | 2007-02-14 00:35 | Comments(2)

ソウル2

ヒジョンの車で移動してきて、初日のリハーサルは3時半頃から始まった。
場所はソウル芸術大学のチェンバロ部屋。(ヒジョンの職場)
この大学はSeoul Arts Centerの一角にある。アーツ・センターにはオペラハウスや大小のコンサートホール、美術館の他に大学と研究所がある巨大文化施設。
ガンバのカン・ヒョジョン(チェンバロ弾くキム・ヒジョンと名前が似ている)は他所で別のリハーサルがあり遅れて5時頃から参加ということで、リコーダーのソロ、ヴァイオリンのソロから音出し。そして4人でやるトリオソナタを3人だけで一通り試してみて休憩してるところにガンバを背負ったヒョジョン到着。

ジーンと一緒にやるのは1999年の日本国内ツアーの時以来。
彼女は相変わらず、いや、以前にまして大変に上手い。
日本人の古楽器奏者には滅多に聴かれないほどにアーティキュレイションがくっきりはっきり。細かなミスも無くあやふやな表現も無く、大きな視野を持って提示してくる音楽の端々にまで神経が行き届いている。チェンバロ付きのソロで弾くバッハ、リコーダーとガンバも参加するバッハのトリオでジーンの本領発揮。
こういう人と一緒にやると大変に勉強になります。しかも面白く楽しい。もっとうまく吹けるようにならなきゃ。

ヒョジョンが参加してから、全員でやる3曲のトリオソナタ(ヘンデル:ヘ長調、テレマン:イ短調・元はリコーダーとオーボエ用、バッハ:ト長調BWV525・元はオルガンソナタ)。翌日もあることを考え、軽めに通して7時頃終了。

左からヴァイオリンのジーン、ガンバのヒョジョン、チェンバロのヒジョン
a0012728_17593850.jpg



ヴァイオリンのジーンとチェンバロのヒジョン、バッハのソナタのリハーサル中
a0012728_17541414.jpg


ヒョジョンのガンバ(2006年ドイツ製)の頭には韓国風のドラゴンがa0012728_185171.jpg
[PR]
by flauto_diritto | 2007-02-09 18:31 | Comments(0)

ソウル1

2月1日から5日まで韓国に行ってました。
午後からのリハーサルに間に合わせるために、朝5時起きで羽田に。キンポ空港行きは羽田から出ていて楽です。2時間強のフライトで10時半頃に到着。パスポートコントロールが無ければ国内旅行とあまり変わりない。
キンポ空港にヴァイオリンのジーンが迎えに来てくれているはず、はず、なのに・・・居ない。お出迎えの人たちの群れはそれぞれに相手を見つけて行ってしまい、閑散としたロビーにぽつんと一人。でも、ジーンが時間通りにきたことは滅多にないので、今回も多分国内線ターミナルのほうにでも行ってるんだろうなと思い、諦めてひたすら待つ。40分ほどしてようやくやってきたジーンはこちらの想像通り別のターミナルに行ってたらしく(しかもその段階で既に遅刻)、その上ターミナル間連絡バスがなかなか来なくてゴメンナサイとひたすら謝ってた。

タクシーでホテルに行って荷物を置いたら早速お昼ごはん。
a0012728_1415442.jpg
ソウルのマンハッタンと言われるヨイドにあるホテルのそばの韓国料理屋で、餃子とトックの入ったスープ、イカの入ったチジミ。
食べ始めたところでチェンバロのヒジョンが合流。日本人である自分は辛いタイプの赤いスープのやつを食べているのに、韓国の二人は辛いのは苦手だとかいって白いスープのやつを注文していた。
その後、エスプレッソコーヒー飲んでからソウル芸術大学にGO!


1日目の夕食はヒジョンの生徒の両親がやっていると言う韓国料理屋で。
カルビ、乗っけて
a0012728_1416598.jpg
焼けたらお店のお姉さんが鋏でチョキチョキ
a0012728_1418513.jpg

焼けたところは天板に載せて保温a0012728_14185275.jpg

a0012728_14211242.jpg
ずらりと並ぶ付けあわせ。赤貝(↑の写真の真ん中)や牡蠣(↓の写真の左)もあります。
a0012728_1422593.jpg

蟹の漬物ケジャン。真っ赤だけれど甘くて美味かった。a0012728_1437663.jpg
〆は冷麺。やっぱり鋏でチョキチョキしてあります。コイツも色は赤いけれど、まず甘みを感じ、その後唐辛子の辛味や酢の酸味やハーブっぽい感じが来る。でも、こんなに沢山食べ切れませんって。
a0012728_14381716.jpg

[PR]
by flauto_diritto | 2007-02-08 15:18 | 休憩時間 | Comments(0)

韓国ソウルでの演奏会

昨年末、アメリカ在住のバロックヴァイオリン奏者ジーン・キムJin KIMから電話があって、2月頭にソウルに演奏しに行くことになりました。

ところがパスポートを失効していたりして、年明けからちょっとどたばた。

こんな内容みたいです。(本人未だ良くわかっておりません。ソワレって聞いてたのにマチネだなあ。日曜日だしマチネは当然か。思ったより大きな演奏会みたいです・・・)

http://www.sac.or.kr/eng/bannerPage.jsp?htmlURL=/eng/lab2007/school_classics/index.html
(直リンクできないようなのでコピー&ペーストで飛んでください)

リコーダーが乗るのは3曲のトリオソナタ(バッハとヘンデルとテレマン)、それからソロでクープランの「うぐいす」

a0012728_22382353.jpg

a0012728_22393445.jpg


[PR]
by flauto_diritto | 2007-02-04 14:30 | 音楽 | Comments(0)