「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

カレー@仙川

a0012728_124180.jpg

昔、研究生として通った音大の図書館に楽譜を返しに行ったついでに、すぐそばのカレー屋で昼食。

スパイシーチキンカレーにチャパティとサフランライスのランチセット。
チャパティが粉の味わいが際立っていて美味。
チキンのカレーもかなりいける。食べ進むにつれ旨みと辛さが増幅してくる感じ。

カレーの写真は見た目が地味でいけませんなあ。
美味しさが伝わりにくいかも。
[PR]
by flauto_diritto | 2006-01-20 13:40 | Comments(11)

大阪

a0012728_1684738.jpg

昨年末に新しくオープンしたリコーダーギャラリーを訪問。

まだ正式オープンではないようで、宣伝も数人の知り合いのみにしかしていないとのことでした。

この奥の工場で製作しているリコーダーの他、アメリカの有名メーカーのものや中古の委託品も並んでいた。
一通り試奏させてもらう。かなり良いもの有った。

また楽譜の在庫も有り。その他、古い関連雑誌や絶版楽譜などの資料が沢山閲覧可能なように並べてあるのが良いところです。


この後、cherryさんのレッスンをしに行きました。
途中で、Klaviさんに教えてもらった喫茶店で中国茶を飲もうかと思っていたが、ショップ訪問が長引き断念。
[PR]
by flauto_diritto | 2006-01-16 16:08 | 楽器 | Comments(12)

富山

a0012728_1713141.jpg

降り積もった雪の上に雨が降ってもうもうと靄が上がっています。
辺り一面真っ白
[PR]
by flauto_diritto | 2006-01-14 17:12 | Comments(0)

ナポリピッツァ

やまねの部屋のeriさんに教えてもらった店にピッツァ食いに。
a0012728_22301041.jpg

この山の如きプロシュート(生ハム)の下に

a0012728_2232920.jpgこの山を構成している恐ろしく多量のルッコラが・・・。







生地が全く見えません。
生地は焦げ目が付くようにきちんと焼いてあってしっかり火が入っているのにモチモチとした独特の食感。

予約をしてから行きましたが、今日は空席もかなりありました。
[PR]
by flauto_diritto | 2006-01-13 18:20 | Comments(2)

パン屋のお昼

再訪Zopf
HPはこちら

昼頃突如思い立って松戸のパン屋まで昼食に。
元々繁盛店だったけれど、最近特に混んでいるという話なので家を出るときに予約の電話。
さすがにほんのチョット時間がずれていて独り客だと簡単に予約できる。
2時頃到着。

本日は、ライ麦パンを楽しむセット。
ソーセージにザワークラウトに生ハムにクリームチーズといった黒いパンに合う食べ物満載のお皿とスープ。
a0012728_21512699.jpg



各種黒パン。
a0012728_21571073.jpg
例によって食べきれないので残した分はお持ち帰り。

このお店は建物や内装も美しいんだけど、写真撮るのを毎回忘れてしまうなあ。
[PR]
by flauto_diritto | 2006-01-10 14:10 | Comments(9)

アインシュペナー

明日東京に戻らねばならぬので、珈琲美美(びみ)に豆を買いに行く。

メニューに新しく載っていた「アインシュペナー」、いわゆるウインナコーヒーを。
ホイップした生クリームがたっぷりと乗っていて、熱いコーヒーの底にはザラメ糖が溶けずに沈んでいる。濃いクリームの香りと味わいから、苦味の利いたコーヒー、そして砂糖の甘みが混じって来て、最後にはジャリッとした砂糖をスプーンですくって食べ、味わいのグラデーションを満喫。
a0012728_1737336.jpg

[PR]
by flauto_diritto | 2006-01-05 15:32 | 休憩時間 | Comments(0)

博多のうどん

a0012728_175584.jpg

正月2日に高校の同窓会、3日に中学の同窓会。
連日昼から深夜までの宴会で疲れた胃袋を癒すために、実家の近所のうどん屋花そうで昼食。ごぼう天うどんを。
昔、私の学生時代はこの店がある界隈が町の中心地だったのだが、駅の周辺及び広い自動車道に沿って郊外に向けての再開発が進んで、店舗が減って人通りも多くない。

博多のうどんはその麺の細さと柔らかさ具合が特徴。
a0012728_17154090.jpg
この半透明の細い麺!だし(博多では「すめ」と言う)も本当にあっさり薄味。

この後、旧通りとそのまた裏道ををぶらぶら。
駐車場や空き地、新しい家が増えているが、それでもまだ古い家並みが残っている。目に焼き付けながら歩いた。
[PR]
by flauto_diritto | 2006-01-04 12:30 | Comments(5)