<   2004年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

蔵王の庭

a0012728_05855.jpg
酒飲みながら、知り合いのライヴ演奏のDVD見ながら、たくさん話をした。
自分が演奏家として今後もやっていけるかどうかは、これからもより良い演奏を目指し続けられるかどうかにかかっているのだろうと、酔った頭で漠然と思った

明けて、散歩の後、今度発売になるCDの最終編集版をかける。
悪くは無い。
今度のリサイタルで同じ曲目をもう一度やるので、そのときにはもっと良い演奏にしたいものだ。
[PR]
by flauto_diritto | 2004-06-26 22:07 | 散歩 | Comments(0)

蔵王

a0012728_22223.jpg
宮城県、仙南各地での仕事を終えて、蔵王に住むヴィオラ・ダ・ガンバ奏者のお宅にお邪魔した。

白石駅からバスで約40分。バス停に迎えに来てもらってそこから再び車に乗って到着。
ここに来るのは8年か9年ぶり。

到着するなりビール。
ガンバ奏者氏も日課のウォーキングをサボって、ついビール。
前の晩にはガンバ奏者二人組みが泊まっていったとのことで連日の宴会となった模様。

こまごまと色々なおつまみを出してくれる。
殊に、ガンバ奏者氏自ら握ってくれる寿司は出色の美味さ。

白ワイン、赤ワインと飲み進み、持っていっていたスキットルのウヰスキーで〆。

泊めてもらって、翌朝自転車で近くを散歩。

写真は、ガンバ奏者宅の庭。弱い雨が降っていて少し白く煙っている。
[PR]
by flauto_diritto | 2004-06-26 22:03 | 散歩 | Comments(0)

作並3

明日から一週間宮城県南部での仕事。
一日早く来て、ニッカのウヰスキー蒸留所を見学。
これは見学コース最後の貯蔵庫。
大量の樽が眠っている貯蔵庫が何棟も並んでいる。

ここを見た後、試飲場へ。
シングルカスク宮城10年(新樽)。
カフェグレイン12年。
シングルカスク宮城15年(バーボン樽)。
シングルカスク宮城20年(シェリー樽)。
と、試飲。
やはり、10年とグレインが美味しく感じる。
a0012728_234458.jpg

[PR]
by flauto_diritto | 2004-06-20 23:40 | ウイスキー | Comments(3)

作並2

a0012728_233015.jpg蒸留に使うポットスチル。
かなり大きい。8基あったのかな。
[PR]
by flauto_diritto | 2004-06-20 23:31 | ウイスキー | Comments(0)

作並

a0012728_232552.jpg
宮城県仙台市のニッカウヰスキー作並蒸留所に来た。
仙台から仙山線で約30分。
緑に囲まれた赤レンガの建物群が美しい。
写真はピーとを焚くキルン塔。
[PR]
by flauto_diritto | 2004-06-20 23:27 | ウイスキー | Comments(0)

うし

a0012728_21218.jpg大久保近辺を自転車で走っていたときに発見した うし。
昨年丸の内でやっていたイヴェント(世界各地で行われている「アート・オン・カウ」のシリーズ)の生き残り。

焼肉屋の看板娘になっていました。
[PR]
by flauto_diritto | 2004-06-08 21:01 | 散歩 | Comments(0)

楽譜

7月に使う楽譜、今週月曜からの仕事の旅行中に書き上げる。
これが最後の1枚。・・・のはず。
a0012728_211316.jpg

@糸魚川
[PR]
by flauto_diritto | 2004-06-03 20:26 | 音楽 | Comments(2)

秋葉温泉

一昨日の晩から新潟の新津という町に宿泊している。
きのうは一日中雨だったので出歩けず、ようやく今日の仕事が終わって散策。
しかし、何も無い。。。

だいたい、仕事先への移動中も車の中から見えるのは、水田、水田、また水田、ところどころに集落、遠くのほうにはなだらかな山、時折川沿いの堤防を見ながら、という感じ。

コーヒー飲もうにも喫茶店が見つからない。コンビニも駅前に小さいのが一軒。

本屋で旅行ガイドブックを立ち読み。
すると、隣の駅(磐越西線・東新津駅)前に日帰り温泉があるとの情報。

早速、列車に乗って秋葉温泉・花水Casuiへ。
無人駅・東新津の駅前にはこの温泉施設がどおおんと広大な駐車場を備えてある。
入館料950円とこの手の日帰り温泉にしては高めだが、そのぶん設備も新しくまた充実しており、応対も良し。

内湯(明るく開けた温泉と黒い石に囲われた深いジェットバス)、打たせ湯、露天(開放感大きい良いお湯です。この施設の中ではもっともぬめり感が高い)、サウナ、と全ての湯を2ラウンド入る。

あがってから、同施設内のレストランで生ビールと和食の定食。
食事はまあ、どこでもこんなものでしょうか。値段相応の満足感が得られないのは大変残念。

宿の風呂が最小サイズのユニットバスで辟易していたので良い気分転換になりました。
[PR]
by flauto_diritto | 2004-06-01 21:40 | 散歩 | Comments(0)