「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:おいしいもの( 25 )

マグマを飲む会@まちのパーラー

a0012728_149494.jpg



普段いつもウイスキーを飲んでいるわけではないのです。
パーラー江古田の企画で、シチリアのワイン「マグマ」を一気に飲む会に行ってきました。
このワインはシチリアに住むベルギー人フランク・コーネリッセンが作るとても独特なワインです。マグマ1(2001年)からマグマ5まで。そのうち、2は3種類、4が2種類で、計8種類でした。
上の写真でわかるように、表ラベルは貼っていなくて真っ赤なペイントで「MAGMA」と手書きされています。裏ラベルはこんな感じ。
a0012728_1410087.jpg



年によって色合いも香りも味わいも異なっていましたが、澱の量がすごいのは共通。赤ワインというよりも「黒」に近い感じのものもあり、グラスの下の方にいくとこんな感じに。しかし澱が不味いわけではないのです。
a0012728_14113821.jpg


つまみにはパーラーのパン。それにコーネリッセンが作っているオリーヴオイル(コンタディーノ)をつけながら。また、作り手が和食やエスニックとの組み合わせを勧めているというので、氷見から直送のブリの刺身にオリーヴオイルやハーブ系のドレッシングで。仕事で富山に行ってもこんなにブリをたくさん食べることはありません。
a0012728_1445362.jpg




マグマだけではなく、白ワインの「ムンジェベル」、ロゼの「ススカル」、赤も白も混醸した「コンタディーノ」もでました。
a0012728_14394155.jpg



コーネリッセン尽くしの晩でした。
a0012728_1437459.jpg

[PR]
by flauto_diritto | 2013-02-04 19:30 | おいしいもの | Comments(0)

目白なるたけ

夏場にさっぱりしたもbのが食べたい時に、おいしい和食屋さんが仕事場の近くにあるのは大変に有り難い事です。

最近の「目白 冥利 なるたけ」

お刺身系は日によってあったりなかったりですが、この時は カンパチの漬け丼 がありました。
結構な分量。漬けは浅めでほとんどお刺身のままという感じ。
a0012728_1517890.jpg


最近の定番は「冷や汁」のようです。
白身のお刺身が乗り、たこの吸盤や茗荷、キュウリ、オクラなどの入った冷や汁の丼。さらさらと食べられて暑い日には美味しいことこの上無し。
a0012728_15171447.jpg

[PR]
by flauto_diritto | 2011-08-01 13:16 | おいしいもの | Comments(1)

仙台に行ったらやっぱり牛タンでしょう

今年の春のシーズンも東日本各地の小学校をたくさん廻りました。

3月の大地震の影響でスタートが通常より1週間遅れになり、6月20日頃までで終わるシーズンが7月頭までありました。最後の週に行ったのは仙台でした。5月末にも宮城県南部一週間行きましたが、そのころは蔵王の麓の方では道路が崩落していて通行止めだったりマンホールがにょっきりと飛び出したままになっていたり、沿岸部の亘理や仙台空港に近い名取では田んぼが水に浸かったままで流されてきた車やバイクがあちこちたくさん残されたままになっていたりしました。また、地震や津波の被害により校舎が使えなくなって他校に間借りしている小学校もたくさんありました。(私が訪問した中にも地震被害を受けた学校は宮城県だけではなく関東から東北にかけてたくさんありました。児童はバスに乗って長時間かけてよその小学校あるいは中学校に通い、狭い教室で厳しい環境に置かれていました。しかし、どの学校でも子供の放出するエネルギーは莫大でリコーダーを楽しんでくれたようでした)
仙台の街なかは地震から3ヶ月経って、その影響をほとんど感じさせないほどに復旧していました。しかし、ちょっとはずれに行くと仮設住宅が建ち並んでいたり、処理しきれない瓦礫の集積場が延々と続いていたり。
仙台では市内1位と2位の小規模校(3年生の人数は片手で数えられるだけ)から、学年5クラスもある大規模校まで、山形との境に近い山の中から港近くの塩竈まで、様々な小学校で笛吹いてきました。

で、当然美味しいもの食べたわけですが、外せないのは牛タンでしょう。
私の贔屓は「太助」です。本店の方。写真は1.5人前。
カウンターに座ると目の前で炭火で焼かれて行く様子が、オトコの料理。しゃきっとした歯ごたえ、漬け物の分量が多いのもヘルシーで好ましい。南蛮(青唐辛子の味噌漬け)は必須ですね。写真には写っていませんがテールスープも大変によろしい。
a0012728_1540177.jpg


そして、今回初めて食べた「利休」の『極(きわみ)』。
少々お高めですがネーミングを裏切らない美味さ。分厚い芯タンのみ使用。中心部がほんのりロゼに焼き上がっていて柔らかくさくっとしている。少し塩がきつめでビールが進む味わい。この店の南蛮は小さく刻んでつけてあるのが残念。
a0012728_15404463.jpg


つづけてこんな話題で申し訳ありません
[PR]
by flauto_diritto | 2011-07-01 18:00 | おいしいもの | Comments(0)

目白「冥利・なるたけ」

a0012728_2016739.jpg


目白の仕事場の近くの店「冥利・なるたけ」
開店当初は夜だけの営業だったが、しばらくしてランチタイムもやるようになった。少々高めなので(とはいっても1000円前後)しょっちゅういくことは出来ないが、本当に美味しいものが食べたい時には。

上の写真は、釜揚げシラス丼。温泉卵付き。
た〜っぷりのシラス!なかなかご飯の層が現れない。青じそ、ネギ、ごまの薬味がアクセントになって単調にならず最後まで美味しい。
ランチには小鉢、漬け物、みそ汁がつく。みそ汁の出汁が良くて、毎回美味いなあと思う。

定番のメニューは他に、
豚の角煮。柔らかく濃厚。野菜もゆで卵もおいしい。
a0012728_20175274.jpg



鳥の立田揚げ。噛みごたえのあるミッシリとした鶏肉。このときはバルサミコソースでした。
a0012728_20185968.jpg



生魚系は時によって変わるみたいだけれど、先日食べた時には鯛丼でした。ゴマだれかけて。この時のみそ汁は鯛のアラの出汁だったなあ。
a0012728_2020943.jpg



あと、マグロかつも定番なんだけれど、写真がありません。腹ぺこの時にはボリュームのあるマグロかつが良いかも。自家製タルタルがうまいんだ。

二回まで吹き抜けの店内は居心地良いが、お客さんのしゃべり声が大きく反響するので、時には少々やかましいかも。
[PR]
by flauto_diritto | 2010-10-08 13:00 | おいしいもの | Comments(0)

沖縄ぜんざい

a0012728_17194841.jpg


近所のパン屋には夏場限定のメニュー「沖縄ぜんざい」がある。
暑い日が続くとついこれを注文してしまう。
ちなみに店名の「パーラー」は沖縄の喫茶店みたいな飲食店ことらしいです。

ぜんざい とはいっても、ご覧のように かき氷。

この店では、昔ながらの、海の家で良く見たような、手回しの氷カキ機でしゅるしゅる音を立てて氷を削ってます。氷が回って削られていく音からすでに涼しげ。

ふうわりとした氷。
上にはなにもかかっていません。
氷の底に、黒糖で軟らかく煮た金時豆がごろごろ。べとつかない甘さが良い感じ。
氷の冷たさを煮豆がやわらげてくれる。頭が痛くなったりしません。
a0012728_173538.jpg

[PR]
by flauto_diritto | 2010-07-30 15:00 | おいしいもの | Comments(1)

白焼き

a0012728_2338150.jpg

少し前から、駅前の。居酒屋に「うなぎ白焼き・蒲焼き」という張り紙が出ているのを見て、近いうちにぜひ一度食いに行こうと思っていました。

この店は常連のおじさんおばさんの声が大きくてやかましいので滅多に行きませんが、やっぱり美味しい。

店に入ってから豪雨。
ゆっくりと飲み食い
[PR]
by flauto_diritto | 2010-07-05 19:35 | おいしいもの | Comments(0)

飯田にて

飯田の飲み屋にて
a0012728_23153776.jpg
飯田名物「おたぐり」馬のモツ煮です。トウガラシが山ほどかかって出てきました。

そして地物の天然アユ炭火焼。じっくりと脂を落として焼かれていて絶品でした。
a0012728_23244055.jpg


飯田の地酒 喜久水 とともに。
a0012728_23271414.jpg


〆は五平餅。
a0012728_23292784.jpg
クルミ味噌のたれが甘くて濃厚。サイズも大きく満腹です
[PR]
by flauto_diritto | 2010-07-01 20:20 | おいしいもの | Comments(0)

梅雨入りした富山にて

週末から仕事で富山に。
通常ならば二日間のレッスンで一泊だけですが、今回は少し長めの滞在です。
月曜・火曜と市内の中学校でレクチャーコンサートのようなこともするため。

富山滞在中に梅雨入りしてしまいました。傘持ってきてないんですが。。。
例によって「口許屋」に通ってしまいました。
じめじめと雨の降る夜に、夏先取りのメニュー。

お通しに自家製の胡麻豆腐が出たんだけれどがっついていて写真撮っていません。
キジハタとハモ。しゃきっとしてこりっとして淡白なのにうまみ十分なキジハタが美味しかった。
a0012728_22344696.jpg


稚アユの塩焼き。ハモといいアユといい、夏ですなあ。
a0012728_22363633.jpg


岩モズク。酢の物です。さっぱり系で攻めてます。
a0012728_22383956.jpg


〆もさっぱりと、氷見うどん。右奥に見えるのはサービスで作ってくれたネギトロ巻き。
a0012728_22401298.jpg


すべて美味しゅうございました。
美味しいものを食べて、中学校での仕事が上手く行ったことは間違いありません。
[PR]
by flauto_diritto | 2010-06-14 19:32 | おいしいもの | Comments(0)

大坊珈琲

a0012728_13324196.jpg

久々に昼間半日暇なので自転車でふらふら散歩。

ふと気付くと外苑を抜けて青山の近く。
休憩がてらコーヒーでも飲もうかと。このあたりまで来たのなら「大坊珈琲店」でしょう。狭い階段上がって店内に。焦げ茶色の木の内装。

ブレンドの4番(豆25gで50cc)を。いわゆるデミタス。ネルドリップで点滴で落とされた漆黒の珈琲は取っ手の無い大ぶりのおちょこのような器で供される。今日のは割れた所に金継ぎが施されてた。香り豊かで濃厚で複雑。ウイスキーをストレートで楽しむがごとき。

こだわりの珈琲店だがメニューにはジュースやアルコールもある。禁煙だったらもっと嬉しいのに。
[PR]
by flauto_diritto | 2010-06-05 13:32 | おいしいもの | Comments(2)

パーラー江古田

a0012728_15151412.jpg

日曜日の遅めの朝ご飯は、近所のパン屋「パーラー江古田」でトーストセット。

通常は全粒粉入りの四角く柔らかい食パンだが、バリッとした食感の天然酵母を使った山形食パンに替えてもらって(1枚を半分に切ったものが二切れ、すなはち1枚分。一切れは下に隠れています)。
この山形の食パンは温かいと薄く切れないらしく、午前中ならある程度遅めの時間に行く必要がある。
食パン以外はその時々によって3種類盛り合わせ。今回は文旦ピール入り、レーズンとクルミ入り全粒粉、白イチヂクのベーグルの3種類。
これに飲み物がつきます。

この日のパーラー江古田は朝から混んでたなあ。座って食べて行く人も、テイクアウトの人もひっきりなし。そういえば、奥の厨房に見習いさん一人増えてたな。
[PR]
by flauto_diritto | 2010-05-30 09:30 | おいしいもの | Comments(2)