古楽への誘い (いざない)

富山での古楽器によるバロック音楽の演奏会です。
a0012728_17185296.jpg


例年毎年3月、富山の古楽器セミナーの発表会で一曲講師陣の演奏をしていたのですが、今年は受講生の発表会と講師陣の演奏会を分離して行なうことになりました。
(ちなみに、受講生の発表会は演奏会の翌日の3月9日(日)午後0時30分からです)

2008年3月8日(土)午後6時開演
富山市民プラザ・アンサンブルホール
入場料4,000円(全席指定)(良い席はお早めに!)

有田 正広(トラヴェルソ)
中村  忠(トラヴェルソ)
小池 耕平(リコーダー)
戸田  薫(ヴァイオリン)
平尾 雅子(ガンバ)
有田千代子(チェンバロ)

テレマン:四重奏曲ニ短調(ターフェルムジーク第2集より)
ルクレール:ヴァイオリン、ガンバ、チェンバロのためのソナタ第8番
ラモー:クラヴサン・コンセール第5番
W.F.バッハ:トラヴェルソ二重奏曲
テレマン:四重奏曲ト長調
クープラン:コンセール第8番「劇場風の」

各楽器が主役になる曲が必ずあって、全員の合奏のクープランという豪華なプログラム。
もちろん演奏者も豪華メンバー(^^)
リコーダーが活躍するのはテレマンのニ短調の四重奏曲ですね。
[PR]
by flauto_diritto | 2008-03-08 18:00 | 音楽 | Comments(0)
<< ふきのとう テルトン替管 >>