演奏会「コレクシオン・モデルヌ」

終了いたしました。
多数の御来聴有り難う御座いました。


a0012728_1225790.jpg
11月29日に演奏会をいたします。(チラシには書き忘れていますが 木曜日 です)

リコーダーとギターの二人で、20世紀の音楽ばかりのプログラムです。
(詳しくは上掲チラシ画像をクリックして拡大して御覧下さい)
現代音楽をおおやけに演奏するのは久しぶり(前回は10年以上前かな?)です。

曲目などはチラシにあるとおりですが、おそらく皆さん知らない作曲家の聴いた事も無い作品ばかりでしょう。
今回取り上げるのは、比較的穏やかな作品ばかりで、無調や無拍子のものはありません。また、特殊奏法を使う曲もありません。
フルートのために書かれた作品で、このあいだ入手したモダン・リコーダーを使います。

イギリス民謡や日本民謡だけでなく、ボサノヴァやタンゴもあります
[PR]
by flauto_diritto | 2007-11-29 19:00 | 音楽 | Comments(4)
Commented by yume at 2007-09-07 23:30 x
早速チラシを持ち帰りました~楽しみです☆
イギリス民謡は最近金管アンサンブルの演奏を聴いて感動したばかり
ですが、リコーダーとギターなら、よりノスタルジックな印象になるのかな
~と、想像を膨らませています★
ボサノヴァも、私にとっては1年程前に好きになり始めたばかりの音楽
です(^o^)なんでも今回演奏するのはボサノヴァの原点になった音楽
だとか♪さらっている姿を見るとしんどそうですが、応援しています☆
Commented by flauto_diritto at 2007-09-08 00:21
>yumeさま

ありがとうございます。
デュアートのイギリス組曲、名曲です。演奏しているほうもウルウルしてきます。

マシャドのブラジル音楽集は、ボサノヴァの元になったショーロがメインです。
リコーダーとミスマッチなのが楽しいところです。
Commented by boxwood-iv at 2007-10-04 20:05 x
先生が現代音楽を演奏されるのにずいぶん興味がそそられます。
新しいモダン・リコーダーにも会いたいです。
でも、ウィークデーだから難し~い。残念!
この画面が最新のはずなのに、トップに見えないです。どうして?
Commented by flauto_diritto at 2007-10-05 01:33
>boxwood-iv さま

この前現代音楽を演奏したのは、1996年だったようなので約10年ぶりです。その時演奏したイタリアの前衛(特殊奏法満載)と比べると今回のはオーソドックスな作品ばかりです。

モダンリコーダー、慣らし運転も終わりようやく使いこなせるようになりました。

この記事、トップに来てませんか?
私のPCではトップに見えるのですが・・・。
<< 近所のパン屋 CD「イタリアの道」 >>