富山「芸創」

土日、富山でレッスンしてきました。
ここが会場、舞台芸術(音楽、演劇、舞踏などなど)の練習施設です。
ほぼ一ヶ月に一回、思い起こしてみると、多分もう10年ほど通っています。
リコーダーの私の他に、フラウト・トラヴェルソ(バロック時代の木管横笛)、バロック・ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロ、及びそれらを組み合わせた室内楽のレッスンをしています。
習いに来るのは変なマニアやオタクではない愛好家で(もちろん初心者の方もたくさん)、大変自発的主体的に音楽を楽しみにいらっしゃいます。
また、複数の楽器を掛け持ちで受講する人もかなり多い。
a0012728_0542224.jpg

元紡績工場だった建物の外側をそのままに再利用した施設なので、ノコギリ型の屋根が特徴的です。
土曜の朝、雨模様の東京から飛行機で到着してみると、富山は晴れ。
冬場、日本海側と太平洋側の天気は正反対のことが多いですね。
ただし、富山はそれまでに降った雪がたくさん残っていました。
冬を実感してきました。
a0012728_163142.jpg

[PR]
by flauto_diritto | 2005-01-15 15:15 | 音楽 | Comments(3)
Commented by kahorunn at 2005-01-21 18:10
富山は雪なのですね〜。
ノコギリ型の屋根がステキです。倉敷にもクラボウの暴政工場跡が、
現在はアイビースクエアとして、観光名所にもなっています。
そこは煉瓦造りでとっても趣があってお気に入りです。
おっと〜、富山でカレーは?
Commented by kahorunn at 2005-01-21 20:12
すみません・・・。上記コメントに凄い文字ミスがっっっ(汗)。
「暴政工場跡」ってなんでしょうか?(←自問自答)
「紡績工場跡」の間違いでした(苦笑)。
で、富山でカレーは?
Commented by flauto_diritto at 2005-01-22 00:27
>kahorunnさま
私が行ったこの日の二日前まで富山は大雪大荒れで飛行機も欠航が相次いだそうです。
初日には写真のように晴れて、雪景色が楽しめましたが、この翌日は雨が降って解け始めてました。でも、これからも富山は大雪の日が続くという予報ですから・・・。

で、富山ではたまにお昼にこの施設のすぐそばの食堂でコロッケカレーを食べます。黄色くてもったりしたルーのかかったそれは大変に甘くて昔懐かしい感じです。
<< アードベッグ 博多の定番 >>