「ほっ」と。キャンペーン

軽井沢蒸留所

池袋のバーBar Crossのマスターに誘われて、常連のお客さん達とともに総勢8名で軽井沢のメルシャンの蒸留所見学に行ってきました。
この軽井沢蒸留所は操業を停止して久しいのですが、とうとう今度の11月6日で併設の美術館とともに閉館閉鎖になってしまうのです。

朝7時池袋集合で小型バスに乗り、一路軽井沢に向けて、車中では朝からワインなど飲みつつ。10時半に到着し、早速見学開始です。
入り口脇の広場では樽財で作られた熊がお出迎え。
a0012728_14535537.jpg


a0012728_1455532.jpg

建物は全てが蔦におおわれ、紅葉が大変にきれいでした。
快晴で青空も気持ちよかった。

ここからが工場なんですが、中は撮影不可!何故だ?
建物も設備も大変に小さいのが印象的。普通の民家程度の大きさ。貯蔵庫はかなり空きスペースが有りましたがそれでもまだ樽は残っていました。
a0012728_1458181.jpg





a0012728_1523522.jpg

貯蔵庫外観。
外にはいたるところに空樽が置いてあります。

a0012728_153264.jpg

最初のポットスチル。

美術館ではル・シダネル展。
a0012728_157410.jpg


屋外にもたくさんの彫刻が展示されていました。インパクトが強かったのはこれ。
a0012728_158112.jpg

a0012728_1581653.jpg


白樺の木と紅葉のなか、外のテーブルでメルシャンワインとともにお昼を食べ。
a0012728_1512185.jpg


ところで、すごく残念だったのは、試飲コーナーにウイスキーが全く残っていなかったのです。前日に売り切れてしまったとのこと。閉館までまだ3週間もあるのにですよ!売店にもボトルは2ダースほどしか残っておらず、しかも結構高額(元々メルシャンのシングルカスクは高かった)で、3万から5万円のものばかりでとても手が届くものではありませんでした。1本だけ残っていた18000円のものは同行メンバーが購入。

ウイスキー工場に行ったのに、ウイスキー飲まないなんてありえない!ということで、池袋に戻ってバーを開けて軽井沢モルトを飲もう!ということになりました。マスターの井出尾氏が酒販店勤務時代に選定して瓶詰めした2種類飲み放題。うーん、ごちそうさまでした。私の好みだったのは右側、シェリー樽の個性が良く出ていてやわらかくまったり。左の方はアルコール度数が高いせいもあってぴりっと刺激が強めで固い感じ。

a0012728_1571162.jpg

[PR]
by flauto_diritto | 2011-10-16 14:00 | ウイスキー | Comments(4)
Commented by skyblue_2 at 2011-10-17 16:07
こんな場所があったんですね~。彫刻は、いっそワイン樽に入ってしまいたーいというワイン好きの叫びでしょうか。。
Commented by flauto_diritto at 2011-10-17 17:29
>skyblue_2さま

操業中に訪問しなかったことが本当に悔やまれます。本当にすてきな蒸留所でした。
彫刻に使ってある樽は、ウイスキー熟成用のシェリーの空き樽ですね。メルシャンは全てシェリー樽熟成で有名でした。
Commented by Seiko at 2011-10-18 02:10 x
まぁ! 見学に行かれたのですね。メルシャンの蒸留所の噂は聞いていましたが、完全閉館してしまうとは残念です。
Commented by flauto_diritto at 2011-10-18 15:28
>Seikoさま
楽しい社会科見学でした。
メルシャンウイスキーも一時期は国際的な賞を取ったりしてたんですけどねえ。
<< 築地で宮城 選定 >>